2月7日旧正月は運気の変わり目

細木先生の著書には
1月に大殺界を抜けとあるのですが…
旧正月の2月7日
何度か先生がテレビで話されてます

 

私は去年〜現在、健弱の年で、大殺界から始まった病に、去年の2月7日からと入院が決まってたので
先生のその言葉を聞いてちょっとビビりました

 

一昨年の特番で、くりぃむしちゅーの上田サンが『運気って、1月1日ピッタリに変わるんですか?』と言ったら、先生が『2月7日、中国の旧正月の日』って言ったんです

 

その時、アタシは2月7日からの入院が決まってたので、ほんとに健弱の幕開けだって焦ったんです(^_^;

 

当たりすぎだぁあって

 

なので、殺界のみなさん、2月7日までは気を緩めない程度に頑張りましょ

 

占星術的には、古くからあるものなので、
旧暦で運命星を数えていたようです。
正式にはという文言をされています。
しかし、現在発行の著書等は、新暦で数えられているようなので、
運命星はもちろん、年運、月運も、1月からで計算されているという感じでした。

 

 

実際に著書のなかでは、月運が1月より種子となってます。
2月7日からなら、2月の月運が種子(12進数の始まり)になるんじゃないでしょうか?

 

やはり、年運という大きな括りはもとより、
月運が大事だという事みたいですよ!

2月7日旧正月は運気の変わり目、大殺界抜けても気を抜かない関連ページ

細木数子「四柱推命」安岡正篤先生は易学の大家
「四柱推命」六星占術、細木数子の占う今年の運勢、貴女の運勢がわかるオススメの占い集、よく当たる人気ランキングから占い師、タロット、九星気学、姓名判断など、自分が好きな占いで今年の運命を見てみよう